キャッシングコラム

キャシングやローンで必要なことや、知っておくべき事紹介
ぜひご活用下さい

ヤミ金業者の手口2

>> COMMENT

ヤミ金業者の手口

貸金業を営もうとする者は、貸金業の規制等に関する法律第3条第1項に基づき、国(財務局)か都道府県知事の登録を受けなければなりません。

それにもかかわらず、登録を受けずに貸金業を営む業者は、「ヤミ金融業者」と呼ばれています
登録の有無にかかわらず違法な高金利での貸し付けや脅迫的な取り立てを行っている悪質な業者についても「ヤミ金融業者」と呼ばれています。

ヤミ金業者による被害にあわないためには、その手口を知ることが一番効果的です。
当サイトでは、このようなヤミ金業者は一切掲載していません!

ヤミ金のよくある手口

ヤミ金業者は特に自己破産者や返済に困っている多重債務者をターゲットに勧誘してきます。
そのような顧客データは市場に相当数出回っています。



ヤミ金業者の貸付金額は3万円から5万円など小口なものが主流です。
違法な高金利のため、返済請求額は雪だるま式にあっという間に膨れ上がります。



貸付期間は7日から10日間と短期間なのが主流です。
しかし、違法な高金利の利息などを短期間に返済請求されるのですぐに行き詰まってしまいます。



ヤミ金業者は返済が遅れた時の取立てのために、借りた本人の住所、電話番号、勤務先だけでなく、親兄弟・親類の連絡先を聞いてきます。
少しでも返済が遅れると脅迫まがいの電話を勤務先や親兄弟・親類などにかけるなど厳しい取立てを行います。



一度、ヤミ金業者から借入れすると、他の同様な業者から電話やダイレクトメールによる勧誘が頻繁に来るようになります。
ヤミ金業者は業者間で情報を共有しています。

ヤミ金業者の手口1

>> COMMENT

ヤミ金業者の手口

貸金業を営もうとする者は、貸金業の規制等に関する法律第3条第1項に基づき、国(財務局)か都道府県知事の登録を受けなければなりません。

それにもかかわらず、登録を受けずに貸金業を営む業者は、「ヤミ金融業者」と呼ばれています
登録の有無にかかわらず違法な高金利での貸し付けや脅迫的な取り立てを行っている悪質な業者についても「ヤミ金融業者」と呼ばれています。
ヤミ金業者による被害にあわないためには、その手口を知ることが一番効果的です。もちろん当サイトでは、このようなヤミ金業者は一切掲載していません

ヤミ金のよくある手口

ヤミ金業者は主に電話、チラシ、ダイレクトメールで勧誘してきます。

ヤミ金業者の多くは首都圏などの大都市に事務所を構えていますが、地方の利用者に対しても借入れを勧誘しており、地方においても違法な高金利・厳しい取立ての被害が多発しています。

ヤミ金業者のチラシには「低金利で融資」「他店で断れた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資」などの宣伝文句を使用し誘い込んできます。しかし実際にはチラシとは程遠い法外な高金利設定になっています。

ヤミ金被害は確実に存在します
賢い、安心な会社を利用するように心がけましょう!!

利子を認識していますか

>> COMMENT

利子を認識しよう!


CMなどでもお馴染みで、親近感が沸くようなイメージを持たせていますよね。
その消費者金融のほとんどは出資法の上限金利に近い金額で貸しているのです。

25%で借りていたとしてもキャッシング額の4分の1は利子として持っていかれているのです。
簡単に計算したとして、100万円借りて1ケ月の返済額が3万円だとしましょう。
金利はというと2万800円にもなるのです。実際に返済した額といえば1万足らずというわけですね。
完全に返済するまでにはかなりの年月がかかってしまいます。

銀行や銀行系では10%を切るサービスを提供している企業もありますから、銀行系で借りられるのであれば、それに越したことはないですね。

また、同じ種別の銀行、銀行系でも審査の内容が違いますので、審査が比較的簡単な企業もあります。
とにかく、いくつかの金利の低い企業に審査依頼を出すのが良い考えだと思います。

キャッシングの種類

>> COMMENT

キャッシングの種類を知ろう

キャッシング企業を大きく分けて銀行・銀行系・そして消費者金融系とあります。

ローン金利を取ってみれば、企業間により多少違ってはくるのですが、基本的に銀行が1番安いのは事実です。

そう言ってしまうと「みんな銀行や銀行系を選べばいいじゃない?」

と言われそうですが、そううまくはいかないのです。


銀行からの融資を得るには審査が厳しく融資を受けられないことだってあるのです。

特に銀行は審査が厳しく、たとえば社会人1年目のサラリーマンにもお金は貸してくれません!

銀行は金利が比較的安い分、いままでの職歴や年収などが大きな基準になるのですね

これはつまり学生さんにはほとんど貸し出ししないと言えるかもしれません。

それからいうと消費者金融系からの融資は比較的審査も軽いので融資を受けられやすい面はありますね

とは言ったものの銀行系でも消費者金融系でも企業が違えば審査の内容も違ってきます。

何度か審査に通らなくても、他の会社の審査を受けていれば、審査が通ることだってあります。
審査に落ちてもタダですから、諦めずに審査してもらうのが宜しいでしょう。


それから、消費者金融系では、ATMの利用が凄く便利です。
ほとんど全国どこに行ってもすぐにATMからキャッシングできます。
それだけ提携数が多くて便利で手軽な面はありますね。

どちらも良い面と悪い面があるというわけです。


また最近では、様々なキャッシングが出てきております。

一週間金利が無料になるものが最近では多くなってきました。


自分にあったお得なものを選びたいものです。